マミラリア属 ルエッティ Mammillaria luethyi 延命開花術 栽培方法 育て方 管理

マミラリア属 ルエッティ Mammillaria luethyi 
画像

かなり普及して来ましたね。
その割には、維持栽培方法の記述が無く、私も春前・成長期に2回ほど腐敗させました。
栽培方法の伝授はネットでもほとんど記述が無いのが現状です。
草姿・花共美しいのですが、ちとへそ曲がりなところがあります。
そんなルエッティの私なりの管理方法を記載します。合っているかどうかは不明ですが
参考にしてみてください。

1 日光
  とにかく年中日に当てる。強光線無遮光でも良い。
  疣が若干紫色になっても気にしない事。
  日照条件が、管理を好条件にする最も容易な
  近道と言える。帝玉と一緒。
  サボテンの自生地より日本の年間日射量は
  絶対的に少ないという事実を肝に銘ぜよ。

2 温度
  温度差は重要。昼夜の温度差はとにかく必要。
  夏は風通し良くするか、小型ファンでも良。
  とにかく風を送る。
  関東平野部であれば、加温は不必要。
  加温せずとも断水越冬を行えば、まず越冬します。

3 用土
  基本用土は拘らなくて良いと思います。
  ただし、表土1cmは中粒の白軽石を敷き詰めます。
  表土も基本用土を使うと、断水時に球体が地中に潜りにくく
  表土の地際からの腐敗が進行する恐れがあります。
  冬季は疣が見えなくなるほど萎縮し、アレオレの白色が密集した
  草姿になりますので、白軽石は擬態した状態を鑑賞できます。

3 潅水
  ソメイヨシノの蕾が色付いた頃、ドバッと潅水します。
  1~2回の潅水で疣が広がり、濃緑色の地肌が見えます。
  潅水により蕾が付き、開花します。
  潅水はその後、梅雨時までは球体の様子を見ながら行います。
  梅雨時は断水。夏場は腐らせる位なら思い切って断水します。
  秋からは球体の様子に気を付けながら潅水し、
  広葉樹の落葉する頃には球体が収縮し、
  疣の間の隙間が無くなる位にします。
  冬は水をやらなくて良いです。
  収縮して白軽石に擬態した姿を鑑賞するのも
  乙な事だと割り切りましょう。

4 栽培のポイント
  アレオレが白いときは、膨らんでいても萎縮していても健康。
  茶色に汚れた場合、ほぼ塊根に腐れが進行している。
  成長期の多潅水は急激な徒長を進行させるが、徒長させてはダメ。
  徒長したまま越冬すると、下部が下枯れし、見苦しく、土に潜らない。
  徒長は日照不足と過潅水が原因。
  潅水量は少なくてよい
  (栽培者が潅水したい気持ちを我慢する事が肝要)
  ルエッティの根は塊根であり、保水能力はきわめて高い。
  とにかく潅水量を控えて、成長期は萎縮しない程度に潅水。
  徒長気味であれば光量アップと断水。
  断水する時は完全断水で良いが、日光に当てる。
  
冬季の萎縮したルエッティを撮影するのを忘れました。
とにかく、開花時の姿とは雲泥の差で、潰れた真っ白い塊です。
冬季の潅水はとにかく不要。春のドバッと潅水が重要。

植替えは3月中旬の潅水前が良さそうです。

ルエッティは開花期の購入が多いと思いますが、
意外と秋までは順調に維持できるものです。
潅水によって、どんどん成長します。
気分的にも、成長していると嬉しくなりますので更に潅水。
結果ぐんぐん丈高く成長を遂げます。

そして、冬になると萎縮するのですが、大変見苦しいので
ついつい水を与えると、塊根が腐ります。
丈高く育っているので、下部の疣が茶枯れし、それはもう見苦しくなります。
おまけに萎縮しないので本来の休眠体型になれない。
冬はとにかく休眠させて、日光に当てないと翌春開花しないです。

秋から冬にかけて調子を損ねて、結果回復せず
春先から初夏にかけて腐らせてしまうパターンが多かったです。

断水萎縮越冬を実施出来るように、成長期も締めて維持し、
とにかく無意味な徒長は禁物です。注意してください。

ここに記載した内容は、正木苗の管理方法ですから、
接苗には当てはまらないと思います。

追記  2016/7/7
現状のルエッティー
画像

現状はこんな感じです。
ルエッティーは夏でも元気に育つのですが、徒長と著しい小吹はお勧めしません。
この程度の疣間であれば、まだまだ潅水する必要が無く、断水放置です。
とにかく冬に地中に潜るようにメタボ体系を維持するように心掛けています。
真ん中の白い部分が今年の成長です。
夏元気でも、水遣りすぎて徒長をさせないように!!
ちなみに通風は思いっきり!日光はビニールと汚れのみの無遮光です。








"マミラリア属 ルエッティ Mammillaria luethyi 延命開花術 栽培方法 育て方 管理" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント