動く植物 サボテン

蛍光灯強制開花装置を使いました。 ノトカクタス属 すみれ丸が2苗同時開花しました。 ということで、それぞれ交配させておきました。 写真は、すみれ丸処女開花状態です。 黄色い雄しべがいっぱい開ききっています。 その状態の写真です。 そこに、綿棒で雄しべの花粉を取ろうとすると・・・ 雄しべが刺激でくるりんこと中心に…
コメント:0

続きを読むread more

日中サボテンが見れる時は晴れない(T▽T)

今日は朝のうち少し晴れていただけで、つぼみが少し開いたら曇ってしまった。 すみれ丸と、稚竜玉が花を咲かせたがっているが、自然の環境では無理。 またもや強制開花か? そんな中、諦めていたエキノマスタス属 太白丸の蕾が出てきた。 ギムノカリキュウム属 の稚竜玉は今年の一番花が待機中。 もしかしたら昨日咲いたかもしれない…
コメント:0

続きを読むread more

うまくいかないもの

うまくいかないもの数々 パロディア属 錦繡玉 去年の開花後、夏の暑さで頂部が茶枯れ。成長点が復活した希な例。 夏の暑さには気をつけねば。 ノトカクタス属 ヘルテリー初號 開花前の蕾が、移植後の場所移動で萎縮した。 球体は順調に育っていたが、やはり夏の暑さで頂部が茶枯れた。 こちらは成長点のダメージ…
コメント:0

続きを読むread more

曇天・雨天続きはサボテンには厳しい気がする。

せっかくの成長期ですが、このところ当地では曇りか雨で、日中低温状態が続いています。 蕾を持ち上げたサボテンも、日中の日射が望めないと蕾落ちしたり腐ったりとやきもきさせられます。 まあ、桜の散る時期に雨が降るのは、今年に限ったことではありませんね。 ただ、どうしても原産地にかなわないと感じるのは、年間の日射時間です。 日射時間が長…
コメント:0

続きを読むread more

白紅山の接木苗です。

スクレロカクタス属 白紅山 Sclerocactus polyancistrus 寒暖差のある時に立派な刺を出します。 夏の夜の暑さが苦手で、接ぎ苗だというのに球体下部が赤くなって去年はヒヤヒヤものでした。 とは言っても所詮は接ぎ苗ですから、管理は楽です。 難点といえば、ぷくぷくと膨らみ、ひょろっと徒長するところ…
コメント:0

続きを読むread more

ノトカクタス属 すみれ丸

Notocactus uebelmanniana どこでもよく売られているノトカクタス属のすみれ丸です。 芍薬丸とか言われています。 蕾が開花宣言しているのにも関わらず、当地の天候が曇りΣ(゚д゚lll) こんな時は、強制開花装置を用います。( ̄▽ ̄) とは言ってもそんな立派な装置ではないです。 電球型蛍光灯2灯を蕾の真…
コメント:0

続きを読むread more

花色々

開花はサボテン栽培の集大成。 とにかくうまく育っている結果であり、とにかく美しい。 写真の中から順不同でピックアップした。 過去の写真の中に、苦労した思い出も蘇ってきた。 テロカクタス属 和光丸 テロカクタス属 緋冠竜 エキノマスタス属 太白丸 ホマロケファラ属 綾波 パロディ…
コメント:0

続きを読むread more

今を咲き誇る

今年は平均して出蕾・開花が遅れていますが、今咲いているサボテンの紹介です。 ブラジリカクタス属 雪晃 冬の寒さに強く、冬場の低温と、日光をよく当てると開花します。 マミロプシス属 月宮殿 冬寒がらせて、日光によく当てると早春に蕾がつきます。 夏はなるべく涼しく過ごさせます。 私は入梅と同時に、ベランダの明るい場所…
コメント:0

続きを読むread more

その他太平丸類~喜びも悲しみも~

2010/1/1 ドュランゴ翠平丸 御拗様筆頭です。 2010/11/14 秋に刺を出すマイペースぶりを発揮。 腐るでもなく現在も健在。 / 2011/4/24 スーパーニコリーの実生は成長期過ぎたら腐ってしまいました。 在りし日のお姿。 2011/4/24 小苗の花王丸はこんなになって拗ねたり…
コメント:0

続きを読むread more

二コリー・スーパーニコリー遍歴

西沢サボテン園さんからの二コリー 拗ねずにに終始元気。 刺落ちは栽培環境に責任転嫁しておこう。 2010/10/09 良さげなニコリーが西沢サボテン園さんで紹介されていました。 早速注文したのですが「先客があり、良ければこんな代品ありますよ」って紹介戴きました。 刺が折れ易い中細りですが、これが二コリーの小苗の特徴と聞い…
コメント:0

続きを読むread more

リベンジ雷帝

先代のお腐れ様雷帝の後継を探していたところ、 西沢サボテン園さんで見つけてしまいました。 この絶妙なバランスが摩訶不思議? 即入手しました。 2011/5/22 今度こそ頑張れるっ??? 2012/4/23 無難に新刺を発生。 2013/2/9 完全断水の下、無加温ベランダビニールハウスで遮光無し直…
コメント:0

続きを読むread more

翠平丸その2

カクタスキキさんからの苗です。 刺が立派で、緑の濃い優良苗ですが、どうもうちの環境に馴染まず、都度拗ねまくっていますが、今年も新刺を伸ばしてきました。でも、あの頃の立派な刺は望むべくもないといったところです。 2010/1/11 カクタスキキさんの紹介写真です。 2010/5/25 紹介されてから、成長期末期…
コメント:0

続きを読むread more

大切にしてもダメな時はダメ・・・雷帝

カクタスキキさんから入手した雷帝は、初年度の元気さから一変し、見事に腐った。 H様貴重な苗をすみません。m(_ _)m 2010/5/14 紹介時のお姿は文句のつけようがない。 2010/6/12 順調な生育をしている。 2010/9/23 酷い暑さと断水栽培・引越しが重なり、夏の手当てをしなかったため…
コメント:0

続きを読むread more

尖紅丸 2苗今昔物語

カクタスキキさんからの尖紅丸 2010/11/28 H様に「尖紅丸欲しい」ってお願いしたら、ページにアップして下さいました。 気に入ったので購入しました。 2013/03/23 時には調子を崩されたりもしましたが、とりあえず今も元気です。 春の吸水と、新刺発生に勤しんでおら…
コメント:0

続きを読むread more

兜開花・交配

久しぶりに土曜日休みと、晴天と開花が重なったので撮影と交配をしました。 西沢サボテン園さんからの兜 白点・疣は凡庸ですが、扁平で姿良く、成長が非常に旺盛な実生苗。 雌しべにISWxカイエスの花粉を塗っておきました。 奈良多肉植物研究会さんからのサービス苗スーパー兜 赤花兜の花粉を塗っておくました。 ISW…
コメント:0

続きを読むread more

兜・牡丹類に特化した栽培環境は、初心者を迷宮入りさせてしまう。

サボテンの分布域は広大で、その環境は千差万別であることは頭の中ではわかっているつもりなのだが・・・ 始まりは花サボテン・マミラリアなどの剛健種。 そこからサボテンの魅力に見せられると、兜・牡丹類・太平丸等のコレクション性の高いものをそろえ始める。 収集初期の苗の絶対数は少なく、同じ温室で栽培する時期を迎える。 …
コメント:0

続きを読むread more

今年は開花不良が多い気がする。

今年は太白丸が咲かなそうです。 千波万波もようやく花芽が1個付いただけです。 稚竜丸は開花が大幅に遅れ、未だ小さい蕾です。 緋繡玉はやっと花芽が見え始めてきました。 開花が去年に比べて大きく遅れており、寒波の影響も考えられますが例年より元気がないものが多いです。 ネオポルテリア 銀翁玉 夜でも開花のあり…
コメント:0

続きを読むread more

本日のホットスポット我孫子市内

日曜日も仕事で、千葉県我孫子市に来ています。 職業柄、ガイガーカウンターが必要なので、自分で購入しました。 本日、我孫子市内では強風・粉塵乱舞しています。 気になってガイガーカウンターを確認したところ、 通常0.15μSvあたりを示すのですが、本日はご覧のとおり。 数値は通常時はほぼ一定の数値を示すが、風の影響…
コメント:0

続きを読むread more