テーマ:サボテン

曇天・雨天続きはサボテンには厳しい気がする。

せっかくの成長期ですが、このところ当地では曇りか雨で、日中低温状態が続いています。 蕾を持ち上げたサボテンも、日中の日射が望めないと蕾落ちしたり腐ったりとやきもきさせられます。 まあ、桜の散る時期に雨が降るのは、今年に限ったことではありませんね。 ただ、どうしても原産地にかなわないと感じるのは、年間の日射時間です。 日射時間が長…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

白紅山の接木苗です。

スクレロカクタス属 白紅山 Sclerocactus polyancistrus 寒暖差のある時に立派な刺を出します。 夏の夜の暑さが苦手で、接ぎ苗だというのに球体下部が赤くなって去年はヒヤヒヤものでした。 とは言っても所詮は接ぎ苗ですから、管理は楽です。 難点といえば、ぷくぷくと膨らみ、ひょろっと徒長するところ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ノトカクタス属 すみれ丸

Notocactus uebelmanniana どこでもよく売られているノトカクタス属のすみれ丸です。 芍薬丸とか言われています。 蕾が開花宣言しているのにも関わらず、当地の天候が曇りΣ(゚д゚lll) こんな時は、強制開花装置を用います。( ̄▽ ̄) とは言ってもそんな立派な装置ではないです。 電球型蛍光灯2灯を蕾の真…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

花色々

開花はサボテン栽培の集大成。 とにかくうまく育っている結果であり、とにかく美しい。 写真の中から順不同でピックアップした。 過去の写真の中に、苦労した思い出も蘇ってきた。 テロカクタス属 和光丸 テロカクタス属 緋冠竜 エキノマスタス属 太白丸 ホマロケファラ属 綾波 パロディ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今を咲き誇る

今年は平均して出蕾・開花が遅れていますが、今咲いているサボテンの紹介です。 ブラジリカクタス属 雪晃 冬の寒さに強く、冬場の低温と、日光をよく当てると開花します。 マミロプシス属 月宮殿 冬寒がらせて、日光によく当てると早春に蕾がつきます。 夏はなるべく涼しく過ごさせます。 私は入梅と同時に、ベランダの明るい場所…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

その他太平丸類~喜びも悲しみも~

2010/1/1 ドュランゴ翠平丸 御拗様筆頭です。 2010/11/14 秋に刺を出すマイペースぶりを発揮。 腐るでもなく現在も健在。 / 2011/4/24 スーパーニコリーの実生は成長期過ぎたら腐ってしまいました。 在りし日のお姿。 2011/4/24 小苗の花王丸はこんなになって拗ねたり…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

二コリー・スーパーニコリー遍歴

西沢サボテン園さんからの二コリー 拗ねずにに終始元気。 刺落ちは栽培環境に責任転嫁しておこう。 2010/10/09 良さげなニコリーが西沢サボテン園さんで紹介されていました。 早速注文したのですが「先客があり、良ければこんな代品ありますよ」って紹介戴きました。 刺が折れ易い中細りですが、これが二コリーの小苗の特徴と聞い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

明暗を分けた花王丸

西沢サボテン園さんからの花王丸 自分の刺で自分の肌に穿孔する自虐的な花王丸です。 赤色で、短く湾曲した刺が魅力。 2011/5/20 入手参考写真 2011/6/5 成長期終盤 2012/4/6 成長期序盤 2013/3/23 成長開始 この苗も拗ねることなくゆっくり成長中。 …
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

リベンジ雷帝

先代のお腐れ様雷帝の後継を探していたところ、 西沢サボテン園さんで見つけてしまいました。 この絶妙なバランスが摩訶不思議? 即入手しました。 2011/5/22 今度こそ頑張れるっ??? 2012/4/23 無難に新刺を発生。 2013/2/9 完全断水の下、無加温ベランダビニールハウスで遮光無し直…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

翠平丸その2

カクタスキキさんからの苗です。 刺が立派で、緑の濃い優良苗ですが、どうもうちの環境に馴染まず、都度拗ねまくっていますが、今年も新刺を伸ばしてきました。でも、あの頃の立派な刺は望むべくもないといったところです。 2010/1/11 カクタスキキさんの紹介写真です。 2010/5/25 紹介されてから、成長期末期…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

白刺翠平丸の今昔物語

2010/3/20 西沢サボテン園さんの紹介写真 2010/3/21 到着時写真 2010/5/19 春の生育末期 2010/8/8 充実期 2011/1/30 休眠期 2012/4/23成長期 2013/3/23 今年も新刺を出して成長中。 あまり拗…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大切にしてもダメな時はダメ・・・雷帝

カクタスキキさんから入手した雷帝は、初年度の元気さから一変し、見事に腐った。 H様貴重な苗をすみません。m(_ _)m 2010/5/14 紹介時のお姿は文句のつけようがない。 2010/6/12 順調な生育をしている。 2010/9/23 酷い暑さと断水栽培・引越しが重なり、夏の手当てをしなかったため…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

尖紅丸 2苗今昔物語

カクタスキキさんからの尖紅丸 2010/11/28 H様に「尖紅丸欲しい」ってお願いしたら、ページにアップして下さいました。 気に入ったので購入しました。 2013/03/23 時には調子を崩されたりもしましたが、とりあえず今も元気です。 春の吸水と、新刺発生に勤しんでおら…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

兜開花・交配

久しぶりに土曜日休みと、晴天と開花が重なったので撮影と交配をしました。 西沢サボテン園さんからの兜 白点・疣は凡庸ですが、扁平で姿良く、成長が非常に旺盛な実生苗。 雌しべにISWxカイエスの花粉を塗っておきました。 奈良多肉植物研究会さんからのサービス苗スーパー兜 赤花兜の花粉を塗っておくました。 ISW…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

兜・牡丹類に特化した栽培環境は、初心者を迷宮入りさせてしまう。

サボテンの分布域は広大で、その環境は千差万別であることは頭の中ではわかっているつもりなのだが・・・ 始まりは花サボテン・マミラリアなどの剛健種。 そこからサボテンの魅力に見せられると、兜・牡丹類・太平丸等のコレクション性の高いものをそろえ始める。 収集初期の苗の絶対数は少なく、同じ温室で栽培する時期を迎える。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今年は開花不良が多い気がする。

今年は太白丸が咲かなそうです。 千波万波もようやく花芽が1個付いただけです。 稚竜丸は開花が大幅に遅れ、未だ小さい蕾です。 緋繡玉はやっと花芽が見え始めてきました。 開花が去年に比べて大きく遅れており、寒波の影響も考えられますが例年より元気がないものが多いです。 ネオポルテリア 銀翁玉 夜でも開花のあり…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ゴジラの実生1

Roseocactus fissuratus 'GODZILLA' ロゼオカクタス属 亀甲牡丹“ゴジラ” 本当の正木苗(塊根付) ‎2010‎年‎1‎月‎1‎日 ‎2010‎年9‎月‎5‎日…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

接降ろしゴジラ遍歴2

Roseocactus fissuratus 'GODZILLA' ロゼオカクタス属 亀甲牡丹“ゴジラ” 導入元のHさんから”とにかく日焼けに注意”と釘を刺されております。 通年白布で覆っています。 2010‎年‎12‎月‎5‎日 ‎2011&…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

天城と赤城

さて問題です。どちらが天城でどちらが赤城? 判る人には判るらしい。 フェロカクタス属 天城(実生) Ferocactus macrodiscus var. oaxacensis フェロカクタス属 赤城(実生) Ferocactus macrodiscus 天城と赤城の違いは花が一番わかりやすいよう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

連山 成長記録

Roseocactus fissuratus var. lloydii ロゼオカクタス属 連山 正木苗 2010年1月1日 4.3cm 2013年2月16日 6.0cm 3年の月日は連山を育んだのだろうか? 年1枚増えるって噂も嘘ではない気がします。 こうやって比較しなければ成長の実感がないのです。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

春の訪れ

Malacocarpus corynoides 今はノトカクタスかな? みためには地球丸な感じですが、ラベルを信じてコリノイデスとします。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

春の訪れ

Mamillopsis schumanni マミロプシス属 月宮殿 Astrophytum asterias 兜(33号兜)ISWxカイエス お譲りコーナーで譲っていただいたありがたき逸品 Astrophytum asterias 兜(32号兜)ISWxカイエス Ortegocactus macdo…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

引越し落ち着きました。

慌しい引越しが残務を抱えてはいるものの、やや落ち着きました。 この夏の最中に引越しで水遣りが出来なくてもサボテンはへっちゃらです。 転勤族にはありがたい植物です。 この期間中に変わった事。 象牙丸の開花です。 奈良研さんに、赤花象牙丸下さいってお願いしたら、象牙丸は全て赤花ですとご回答いただきました。 で、大きさにも…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中間報告です。

うちのホムペと、ブログの検索内容を見ると、やっぱり兜関係がダントツです。 その他は栽培方法と、カビ(黒かび)等病気や腐れ関係です。 購入元になっているサボテン業者さんの名前でヒットすることも多い様子です。 気になったのはテロカクタスの検索が多いことです。 ひそかに人気がある可能性があります。 白紅山でもヒットがありました。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

赤花兜

去年に引き続き第一花開花です。 23日の開花ですが、夕方仕事から帰ってきたらこのように萎みかけでした。 この兜に他の赤花を交配したいのですが、相手がなかかな咲きません。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ひでさぼ兜 Harvest ~d収穫b~

果肉が赤くなりました。 その翌日には裂果して、収穫可能となりました。 自然の恵みに感謝(笑) 中は繊維質の果肉と種子だけで、ドラゴンフルーツのようなジューシーさがありません 繊維質食べてみたらほのかに甘い。 1果65粒収穫です。 小苗の正木苗ですので、100粒~200粒といわれている収穫量には…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more