グローバリゼーション

たり得たもの マガモXカルガモ⇒マルガモ
清瀬金山調整池
画像


たり得ないもの カルガモVSマガモの種別間紛争
東村山市立北山公園
画像


人間界では上記を潔し。 生態系では下記を潔しとする。
人間とは都合のいい生き物である。

ではどちらが正しいかと言えば、正解は無い。
言える事は「彼方を立てれば此方が立たず」

サボテン界でも、産地重視もあれば、更なる優型創作したりと方向性は多岐。

そもそも、日本にサボテンがある事自体が、グローバリゼーション。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

駄物さん
2016年08月09日 12:04
初めまして
このブログは文章がおもしろいのではまりました
是非これからも園芸界に対しての苦言を発信していってください
多肉で言うと兜や牡丹 刺サボ 珍奇ブーム 駄物
こんな感じです
2016年09月12日 02:00
駄物さん。
コメントありがとうございます。
ご返事遅くなりまして申し訳ございません。
北米難物種の如く休眠を要しまして(-_-)zzz
なかなかアップできませんが、ご期待に応えられるように頑張りたいと思います。
温かく見守ってやってくださいませ。