テーマ:サボテン

下記修正の続き

あのね・・・ サボテン 根腐れって入れると まだ法人1 個人1 で ↓ が流用されてる(*ノωノ) こういう失敗談は身を挺して私も公開しているわけです。 大体、サボテンの育て方って杓子定規なコメントばかりで 買ってきたばっかりのサボテンがきれいに咲きました ってのばっかりでしょ。 失敗談を語るホ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

テロカクタス属 美花種

Thelocactus bicolor subsp. wagnerianus  大統領の変種 和光丸 Thelocactus schwarzii テロカクタス属 春雨玉 和光丸と大統領の違いが良くわかりません。 春雨玉は中刺がないタイプだったような気がするが、 サイズが大きくなったら中刺出てきました。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

パロディア属 緋繍玉(Parodia sanguiniflora)

中苗までの成長は緩慢ですが、一定のサイズになると、 丈高く育ち始め、姿は間抜けになってしまう。 成長点の腐敗が晩夏に発生する事が多いです。(高温多湿の影響?) 日光に当てる事で、沢山の蕾が次々と開花します。 冬季は加温しませんが、日光浴はしっかりと。 花色はオレンジから血のような濃赤まで固体によって異なります。 本当はも…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マミラリア属 ルエッティ Mammillaria luethyi 延命開花術 栽培方法 育て方 管理

マミラリア属 ルエッティ Mammillaria luethyi  かなり普及して来ましたね。 その割には、維持栽培方法の記述が無く、私も春前・成長期に2回ほど腐敗させました。 栽培方法の伝授はネットでもほとんど記述が無いのが現状です。 草姿・花共美しいのですが、ちとへそ曲がりなところがあります。 そんなルエッティの私なりの管…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

今年の失敗

過ぎたるは尚及ばざるが如し・・・ サボテンの管理で重要な事って何でしょうか? 1 日照   ここで重要なのは、太陽光の照射時間(日照時間)と明るさが一括りになっている事。   太陽光は長時間照射し、西日も十分に当てる。午前中の光だけでは足りないのです。   葉っぱの下に隠れて育つサボテンは遮光しても、遮光条件で日照時間…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

綾波 (レイじゃないよ)

綾波(ホマロケファラ)Homalocephala texensis 昔から綾波という名前の強刺類のサボテン。 綾波レイより命名は遥かに古いのだが・・・ 綾波だけで検索すると、EVAの綾波レイに完全に負けている。 だからこそ・・・検索エンジンの画像表示に引っかかるように、 検索エンジンで、綾波レイに勝つ、綾波サボのヒット率を上げ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

天平丸これにて全滅!!3年で3苗昇天させた大罪

2015.01.02 失敗と対策(はあるのか?) ギムノカリキュウム属天平丸 これで3本目なんですよ。 どれもこれも天平丸は同じ症状で昇天します。 夏の暑い時期にどうやら黒腐れに感染するんです。 で、涼しくなった秋口にこのような黒いカビに覆われてしまいます。 で、冬は温度差と乾燥により被害は進行しなくなるの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アリオカルプス 玉牡丹 成長記録

アリオカルプス 玉牡丹 Ariocarpus retusus 2014年3月22日 成長期直前のお姿は、欠けた疣の為にいびつな形 2014年10月19日 休眠直前の姿は、いびつさが若干改善。 成長開始前と休眠前の比較はいかがですか? 成長が遅いといわれる牡丹類も、一年のサイクルではそれなりに変化してい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

原点回帰

サボテン・多肉の管理で最近よく聞く「夏は涼しく、半日陰で管理する」というのはいかがなものかと思う。 特に多肉植物の管理にはこのような記載が多く、初心者を混乱させていると思われる。 大体、東京の日照時間は2000時間程度で、日照時間は世界平均以下である。 日照時間の多い場所は3000時間となり、当然雨の降らない乾燥地帯が日照…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

薫晃殿の開花

クラインジア属 薫晃殿 ↓動画はこちらから http://youtu.be/5wY_xkoc3Nw μD800での撮影。よく特徴を表している。 S110の撮影。若干色味が弱い。 この花も非常にデジカメの表現力を露呈する。 S110で撮ったRAWデータを生のままフォトギャラリーで開くとそれはいい感じ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

嫌な時期到来

いよいよ梅雨に入って本格的な雨が続いている。 西日本では猛暑だとのことだが、関東は雨が続いている。 サボテンの生育が鈍り、多湿の環境はサボテンには辛い時期だ。 花がみすぼらしくなった兜 多花性のサボテンの晩花によく見られる、矮小等の症状は、環境の劣化も原因かもしれないが、 連続開花による体力の低下も一因かもしれない。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

その他の花

まだまだ続くのです。 スルコレブチア属 クリスパタ Sulcorebutia crispata 上の写真の色味が実物に近いです。 ペレキフォラ属 精巧丸 上の写真が午前中で、下の写真が午後に撮ったもの。 花の色は午前中の方が現物に近い。 ペレキフォラ属 銀牡丹は我が家では3…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

最近のノトカクタス属開花。

ノトカクタス属 リンキー リンキーの雌しべはノトカクタスのほとんどに見られる赤色ではない。 家のは少しピンクかかっている。 エリオカクタスとか、小町系に赤雌しべではないものがあるようです。 ノトカクタス属 オルタカンタス かなり色が薄い。河内丸系の色合いだと思う。 山城愛仙園さんから不足苗の代換品として送って…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ギムノの花主体。

フライレア属 士童 今年二回目の閉花自花受粉結実。もっと高温にならないと開花しないということだろう。 士童の黄花を見たことがない。 3月23日 アストロフィツム属 赤花兜 今年の一番花は開花所初日から赤いのだが・・・ 5月12日の開花(同苗) そして本日5月26日の開花(同苗) 色はまちまちでは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

サボテンの動画

サボテン開花の様子 動画はここ↓ http://youtu.be/Z-IdxP7vHnU 春雨玉 ヘルテリー(フスカスの混血のような姿) ストロンギロゴヌム もう一つ動画はここ↓ http://youtu.be/GEp2SVw8WBI 青王丸 和光丸 赤花貴宝青 黄色の蕾のままのオルタカンタスは開…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

引き続き、スルコレブチア スクレンシス

昨日に続き、混沌(カオス)のスルコレブチア属 これまたきちんと名札があり、スルコ スクレンシスと記載されている。 で、検索すると日本語表記ではスクレンシスはあるが、学名不明。 白花だったり黄花だったりするのだが、うちのしおれた花殻はどうも赤系なのだ。 で、またググる。 sulcorebutia sc だめ。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スルコレブチア属 南米のカオス

ここ数年、サボテンの品種と価格を睨めっこしている。 すると、市場価格が把握できるようになってくる。 他の店舗型のサボテンショップでも、通販ショップでも ここは高めでここは安めの設定だとかおおよそ把握できるようになる。 趣味の世界の場合、金額があまりに高くなければ許せる範疇。 それ以上に思い入れや現品への…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

緋繡玉の花の撮り比べ

今日は、緋繡玉の群生開花数が多く、見頃を迎えた。 そんな緋繡玉の花を撮り比べてみた。 緋繡玉の花色については、紫がかる濃赤色から、極端な朱色に近い花色があり、 個体でかなり異なっている。 個体が一緒でも、蕾の時が一番色が濃い。 それが、数日の開花期間で花びらが広がってくると…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

午前中のサボテン達

5/3 ギムノカリキュウム属 天平丸 5/3 ブラジリカクタス属 雪晃 花重視 同上姿重視 雪晃の花は、夜間も咲きっぱなしのサラリーマン御用達。 萎むまで結構長く咲き続ける。 花サボテンであるが、綿密な白刺も悪くない。 丈夫で寒いのも平気。 5/3 エキノカクタス属 雷帝 肌色と球体の膨らみ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アチラセンセ開花

ギムノカリキュウム属 アチラセンセ 家に来てから早8年が経過。 特にこれといって弱点のない剛健種。 冬の寒さと断水で細くなってしまい、球型が崩れるのが唯一の弱点。 多花玉・モンビレー・アチラセンセは、冬暖かくして潅水も多めにすると良いかもしれない。 花は5月になってから開花するのがうちでは普通。 花の色は個体で濃…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

PowerShot S110で撮ったサボテンの花

4/27 ノトカクタス属 リンキー これはμD800で撮ったもの。このカメラはちょっと古いのですが、 SH-21よりは赤花を写すのが上手なデジカメ。 以降S110の写真です。 5/2 ノトカクタス属 リンキー 4/29 メロカクタス属 マタンザヌス 4/30 パロディア属 緋繡玉 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

デジカメの性能の違いが、戦力の決定的差でないということを教えてやる

かつてキャスバル・レム・ダイクンは、モビルスーツの性能の違いが戦力の決定的差ではないと言った。 しかし、ガンダムの圧倒的性能差によって、その持論は覆された・・・ 新しいデジカメは安価で性能が向上している。 正論ではあるが、絶対ではない。 以前使用していたオリンパスuD800 大きく重く、現在の解像度としては圧倒的に少な…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

テロカクタス属 春雨玉

Thelocactus schwarzii テロカクタス属 春雨玉 4月21日に強制開花 春雨玉には思い入れがありまして・・・ かの昔・・・・今から遥か昔の33年程前・・・・小学校の6年生だったと思うのだが 姉妹都市の伊東市にある海の家に臨海教育に行きました。 その時立ち寄った、伊豆シャボテン公園で買っ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

黒王丸 こやつを真っ白にするには?

黒王丸は、原産地球のような輸入苗がちょこちょこ売られています。 これが高価で且つ必ず美白が劣化する。 うちには接ぎ苗が2鉢ありますが、1苗は入手早々日焼けしました。 で、サボテンは刺落ちは見苦しく、徒長も見苦しく、肌の劣化も見苦しいので 三大劣化の憂き目に会います。 現地球保護からも我々は白い黒王丸を栽…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今日のサボ

エキノカクタス属 尖紅丸 今のところ機嫌を損ねていない様子。今日まで花がもたなかった(T_T) フライレア属 士童 そのうち花が咲くと思っていたら、花を通り越して実が出来ているのではとΣ(゚д゚lll) パロディア属 錦繡玉 緋繡玉に続きこちらも開花。 ストロンボカクタス属…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今年の緋繡玉

数日前から開花している緋繡玉 去年の同株 花の色が違うのです。 去年の方がより赤く、今年はオレンジが強いです。 環境の違いか日照量の違いか? 後日談 どうやら、デジカメがダメなようです。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

兜の種 一果から89粒(自己最高)

兜の種が取れました。 洗ったあとの状況です。 兜の種をズームアップ 兜とか士童の種は凹みが特徴です。 母木はISWとカイエスの子供です。父木は赤花兜です。 どんなお子様が育つか楽しみですが、いいものは腐ります。 何ででしょうね? 取り敢えずドカ撒きしてみました。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

動く植物 サボテン

蛍光灯強制開花装置を使いました。 ノトカクタス属 すみれ丸が2苗同時開花しました。 ということで、それぞれ交配させておきました。 写真は、すみれ丸処女開花状態です。 黄色い雄しべがいっぱい開ききっています。 その状態の写真です。 そこに、綿棒で雄しべの花粉を取ろうとすると・・・ 雄しべが刺激でくるりんこと中心に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日中サボテンが見れる時は晴れない(T▽T)

今日は朝のうち少し晴れていただけで、つぼみが少し開いたら曇ってしまった。 すみれ丸と、稚竜玉が花を咲かせたがっているが、自然の環境では無理。 またもや強制開花か? そんな中、諦めていたエキノマスタス属 太白丸の蕾が出てきた。 ギムノカリキュウム属 の稚竜玉は今年の一番花が待機中。 もしかしたら昨日咲いたかもしれない…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

うまくいかないもの

うまくいかないもの数々 パロディア属 錦繡玉 去年の開花後、夏の暑さで頂部が茶枯れ。成長点が復活した希な例。 夏の暑さには気をつけねば。 ノトカクタス属 ヘルテリー初號 開花前の蕾が、移植後の場所移動で萎縮した。 球体は順調に育っていたが、やはり夏の暑さで頂部が茶枯れた。 こちらは成長点のダメージ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more